「中国の泣き所」チベット問題に変動の兆し

執筆者:藤田洋毅 2003年8月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

昨秋以来、三度目の特使訪問も決まっているという。なぜ、チベット亡命政府と中国は、ここへきて対話を加速させているのか。「訪問者は、ダライ・ラマと極めて密接な関係にある」と中国外務省報道官が認めれば、亡命政府側も「大いに勇気づけられた」「我々は次の段階に進むことを提案した」と声明。昨年九月に続き五月二十五日から六月八日まで、ダライ・ラマ十四世の特使が訪中した。中国政府筋は「年内に再び特使が北京入りする計画も決定済み」という。一九九三年から途絶えていた中国共産党とダライ・ラマ亡命政府の接触は、なぜいま加速しているのか。党中央の中堅幹部は、「早ければ来年、世界が目を丸くするような“突破”が見られる可能性も」と漏らした。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順