クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

君よ知るやテロリストの悲しき心

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2003年8月号
カテゴリ: 国際

 金持ち喧嘩せず。ハシタ金を奪い合う貧乏人の心理は、おっとり構えた富者には分らない。同様に、住むべき安全な家を持つ者には、家なき子の嘆きが理解できない。 憎悪うず巻くパレスチナでは、紛争に割って入ったブッシュ米大統領の示した「ロードマップ」に従い、ガザ地区の流血がしばし熄んだ。貴重な平和の一刻だが、誰もそれが続くとは考えていない。ハマス、イスラム聖戦等は武闘の停止を一時宣言したが、それは条件付き期限付きである。イスラエル軍もガザ北部から撤収したが、いつでもまた入って来る。 中東以外の土地で平和に暮らしている人々は、あの殺し合いをいつまでやる気かと、半ば呆れている。双方とも、一時停戦する分別と度量があるなら、永久停戦のできない理由があろうか。なぜ性懲りもなく不毛の自爆テロを続けるのか? 中東紛争にうんざりしている人々は、ちょっと北アイルランドの先例を見るがいい。IRA(アイルランド共和軍)は、ともかくも銃を置いてテロを捨てた。 それはケルト人のカトリック(アイルランド)とアングロサクソンのプロテスタント(イギリス)の千年近い争いであった。どちらの宗教も愛を説き、世界中に宣教師を送って、悔い改めよ隣人を愛せと教えてきた。宗教戦争はとっくの昔に終わっている。北アイルランドでのみ、テロと弾圧で血を流し合って二十一世紀に及んだ。パレスチナ問題の根源(パレスチナ過激派に言わせれば元凶)であるイスラエルは、建国から五十年ほどしか経たない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順