早くも「下野」を口走った盧武鉉の苦境

執筆者:黒田勝弘 2003年9月号
カテゴリ: 国際
エリア: 朝鮮半島

与党内からも批判が高まる政治手法。韓国新大統領は追いつめられ、マスコミ攻撃に血道を上げる。[ソウル発]韓国の盧武鉉政権はスタートから半年たった。対外的には北朝鮮の核問題をめぐって、国内の反米ナショナリズムを抑えながら国際協調体制にかろうじてとどまっているが、対内的には極端な支持率低下で苦しんでいる。マスコミは「四面楚歌」と書き立て、与党幹部でさえ「任期をまっとうできるか心配だ」(金槿泰民主党顧問)と公言している。与党・民主党内部には「このままでは来年四月の総選挙は盧大統領を担いでは戦えない」との声も出ている。 盧武鉉大統領自身、「(マスコミにいくら叩かれても)自分の自尊心と忍耐心は後退しない。政府も倒れないし大統領も下野しない」(八月二日の政府幹部との国政討論会から)などと早くも「下野」つまり退陣の話を持ち出すほどだ。もちろん「絶対に退陣しない」といっているのだが、いくら異色の大統領とはいえ、就任半年にもならないのに自ら「下野」を話題にするのは、あまりに早すぎる。 各新聞の世論調査による支持率はスタート時点では九二%もあったのが、七月末には二四%にまで急落している。これは韓国の過去の政権にはまったくなかったことだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
黒田勝弘 産経新聞ソウル駐在客員論説委員。1941年生れ。共同通信ソウル支局長、産経新聞ソウル支局長兼論説委員を経て現職。2005年度には日本記者クラブ賞、菊池寛賞を受賞。在韓30年。日本を代表するコリア・ウォッチャーで、韓国マスコミにも登場し意見を述べている。『“日本離れ”できない韓国』(文春新書)、『ソウル発 これが韓国主義』(阪急コミュニケーションズ)など著書多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順