インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

尾を引く9.11テロ捜査 窮地の「米・サウジ」関係

春名幹男
執筆者:春名幹男 2003年9月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東 北米

 ホワイトハウスに賓客があると、報道陣は西館の前にマイクを並べて立て、その人が出てくるのを待ち構える。 七月二十九日、ブッシュ大統領らとの会談を終えたサウド・サウジアラビア外相はマイクの前に立って、手に持っていた書面ステートメントを読み上げた。「二十八ページの白紙の部分が、六十年にわたる米国の真の友人の罪を示す証拠とみられているのは言語道断だ……この二十八ページが公開されれば、われわれはいかなる疑いに対しても、明確で信頼できる方法で回答できるだろう」 サウド外相は怒りを露にしてそう述べた。白紙の部分とは前週発表された米議会上下両院情報特別委員会の合同調査報告書三百九十六ページ以降にある。 ブッシュ大統領は、現在進行中の捜査を妨害し、情報源を危険にさらす恐れがあるとして公表を差し止めた。これに対して、いつもなら情報を隠すサウジの外相が公開してほしい、と要求するという皮肉な事態である。 米メディアの報道によると、この部分には、サウジアラビア人オマル・バユミに対する米連邦捜査局(FBI)の捜査報告が盛り込まれている。バユミは、サウジ民間航空局の契約会社の雇員として米サンディエゴに住んでいて、二〇〇〇年の初めに同国人のナワフ・アルハズミとハリド・アルミダールの二人と友人になった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順