発足七カ月で危機に陥ったエクアドル「無党派」政権

2003年9月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中南米

「無党派旋風」に乗って今年一月に発足したばかりのエクアドルのグティエレス政権が、七月以降だけで閣僚が三人も辞任、早くも「危機」を迎えている。 エクアドルでは二〇〇〇年一月、当時のマワ政権の経済政策に反対し、混血を含めると人口の過半を占める先住民が蜂起した。これに陸軍大佐だったグティエレス氏が加担して政権を打倒。昨年の大統領選には新党を率い、先住民組織の応援で勝利を収めた。 しかし就任後は対外債務返済のため、国際通貨基金(IMF)の支援獲得を目指して緊縮財政を推進。これに反発した左派政党の連立離脱で国会(定数百議席)の与党議席は十七にまで減少した。頼みの綱の先住民組織からも、政策転換と中央銀行総裁や財務相の交代といった厳しい要求を突き付けられている。 エクアドルでは、一九九七年に当時のブカラン大統領が国会に罷免され国外逃亡したほか、九六年以降でまともに任期を全うした大統領はおらず、グティエレス氏の先行きも危ぶまれている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順