最新鋭戦闘機で結びつくロシアとマレーシア

2003年9月号
カテゴリ: 国際

 ロシアがアジアへの兵器売り込みに注力している。八月初めにはプーチン大統領自らマレーシアを訪問、最新鋭戦闘機スホイ30MKMの輸出契約の調印式に臨んだ。 ロシアとマレーシアが結んだ契約はスホイ30十八機を二〇〇七年までに引き渡すという内容で、九億ドル(約千百億円)という巨額の商談だ。マレーシア人の宇宙飛行士を二〇〇五年にロシア宇宙船ソユーズに乗せて国際宇宙ステーションに送り込むという“おまけ”も付いている。 ソ連時代の一九六七年に両国の国交が結ばれて以来、ロシア(ソ連)の最高指導者のマレーシア訪問は今回が初めて。首脳が外遊する際は何カ国かまとめて訪問するのが普通だが、今回は東南アジアではマレーシアだけ。ロシアがいかに今回の訪問を重視していたかは明らかだ。 ロシアは中国やインド、ベトナムにもスホイ機を売却済みだが、今回の契約によりマレーシアはスホイの保有機数で中印に次いでアジアで三位になる。マハティール首相がかねて米国の一極支配を強く批判していることもあり、マレーシアはロシアにとって有力なパートナーになる可能性がある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順