生保から「水」に乗り換えたGE 狙うは日本の中小企業?

2003年9月号
カテゴリ: 経済・ビジネス

 GEエジソン生命保険を米AIGに売却したゼネラル・エレクトリック(GE)は、保険業務に代わって新たに水処理事業に意欲を見せ、日本企業の買収作業を急いでいる。 保険事業は今年、イラク戦争や新型肺炎SARSの影響で世界的に縮小、「保険ビジネスはジャック・ウェルチ前会長の時代でおしまい。ジェフリー・イメルト現会長兼CEO(最高経営責任者)は『水処理で利益を出せ』と世界のGEグループにハッパをかけている」(GEジャパン関係者)。 GEは昨年、米ハーキュリーズ社から水処理薬品のベッツディアボーン部門を十八億ドルで買収、世界二位の水処理薬品メーカーになっている。日本でもベッツ部門を立ち上げ、「すでに水面下で買収先を物色している。商談がまとまれば、世界の水処理プラントに進出する」(別の関係者)との戦略を進めている。 日本の水処理会社に目をつけたのは「中小企業レベルでも、米企業よりも高い技術をもっている」(同)ためだという。買収が現実のものになれば、中東などで海水淡水化事業を手がける日本の大手プラントメーカーを脅かすことになりそうだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順