アメリカの友人

名越健郎
執筆者:名越健郎 2003年9月号
カテゴリ: 政治 金融
エリア: 日本

 株価が多少持ち直したとはいえ、日本経済のファンダメンタルズが好転したわけでは決してない。失業率上昇、企業倒産、成長率鈍化など不況感は強まっている。デフレ不況の象徴的人物として、金融再生プログラムというハードランディング路線を推進する竹中平蔵金融・経済財政担当相への風当たりは、与野党から引き続き強い。問「竹中大臣は学者なのか、それとも政治家なのか」答「政治家だ。学者はいきなり人体実験はしない」 米中央情報局(CIA)が日本政府に対し、テロ組織アル・カエダが日本経済に打撃を与えるテロを計画していると警告、米国の先制攻撃に協力するよう訴えた。 日本政府高官が答えた。「小泉首相と竹中大臣は2年前、日本経済に打撃を与える先制攻撃を既に実行しています」 小泉首相が参列して自衛隊観閲式が行なわれ、自衛隊の最新兵器がパレードした。すると、ミサイルや戦車に混じって、竹中大臣も会場を行進してきた。 小泉首相が防衛庁長官に質問した。「どうして竹中大臣が最新兵器なのか」「彼の威力はすさまじいものです。なにしろ、日本経済を破壊し尽くしたのですから」問「小泉首相の構造改革と情報公開はどちらが重要か」答「情報公開の方が重要だ。情報公開がなければ、構造改革が進んでいることは誰にも分からない」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順