クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

行為は動機を正当化するか

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2003年9月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東

 報奨金三千万ドルせしめた密告者がどこの誰か知らないが、ウダイ(三九)とクサイ(三七)は殺された。神経の傷つきやすい日本では、血糊に濡れた顔写真を伏せた新聞があった。スークの肉屋には血のついたヤギの首がぶら下がっている国では、あれくらいは平気。というより、あれを見せなきゃ、兄弟を仕留めたという話を誰も信じない。 メソポタミアに恐怖政治の王国を建て、子々孫々に王朝を継がせようとしたサダム・フセインの野望は潰えた。だがイラク人は、そう簡単には「解放」を喜んでいないようだ。 どの国のどんな政権下にも、体制派は必ず存在する。とくに独裁の国では、人は身の安全のため体制に加わって生きようとする。サダムは二十年以上も大統領で、バース党の支配はさらに長く、三十数年に及ぶ。 その間、イラク人は否応なく体制に順応して生きてきた。そこへ突然アメリカ軍が踏み込んだ。彼らは一九九〇年のクウェート侵攻も(サダムの教育により)正当な行為だと信じている。イラクは悪いことしていないのに、湾岸戦争で袋叩きされた。その後の経済制裁、石油禁輸、爆撃(誤爆つき)などによって苦しい目に遇った。今度また大量破壊兵器を口実に侵略された。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順