インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

英スパイ機関MI6をめぐり噴出した疑惑と「反撃」

春名幹男
執筆者:春名幹男 2003年10月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 昨年八月から九月にかけて開かれたイギリス政府の内閣府合同情報委員会(JIC)では白熱した論議が戦わされたようだ。 JICは、米政府で言えば、国家安全保障会議(NSC)に似たメンバー構成で国家情報会議(NIC)が扱うような議題を討議するところである。出席者は、トニー・ブレア首相、ジャック・ストロー外相、英情報局保安部(通称MI5)のイライザ・マニンガムブラー長官、英秘密情報局(SIS、通称MI6)のリチャード・ディアラブ長官、ジョン・スカーレットJIC議長ら。 そして、ブレア首相のスピンドクター(情報操作の達人)であるアラステア・キャンベル首相府報道局長(当時)も出席した。 政府の情報会議にスピンドクターが出席するのは伝統ある英国情報機関の歴史からみて異例である。しかも、英メディアによると、キャンベル局長は一貫してこの会議をリードしようとしたという。 議題はイラクの大量破壊兵器をめぐる情報の分析と判断だった。 実は、いまや世界的に有名になった、「イラクはフセイン大統領の命令を受けて四十五分以内に生物、化学兵器を実戦に配備できる」というブレア首相の報告書内容をめぐって議論したのがこの会議だった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順