東南アジア「武器密輸ネットワーク」最新地図

竹田いさみ
執筆者:竹田いさみ 2003年10月号
カテゴリ: 国際

テロが絶え間なく起こるのは、武器供給源と資金があるからだ。テロリストへの密輸ルートを、詳細な現地調査をもとに明かす。 九・一一同時多発テロから二年が経過した。この間、東南アジア地域でも大型の爆弾テロ事件が立て続けに発生し、テロは広域化の様相を呈している。 昨年十月、インドネシアのバリ島のナイトクラブで白人観光客を狙った爆弾テロ事件が起き、今年八月にはジャカルタ市内の米国系最高級ホテル「JWマリオット」が標的となった。どちらの事件も、イスラム過激派「ジェマー・イスラミア(JI)」の関与が判明している。八月にはJI工作員がタイやカンボジアで相次いで逮捕され、工作員の活動範囲の広さがあらためて明らかになった。 JIは、九・一一テロを実行したグローバルなテロ集団「アル・カエダ」の東南アジア支部であり、反米闘争でアル・カエダと連携しつつ、東南アジア地域で国境を越えたイスラム共同体の建設を目指している。これらの目標を実現するための手段が、爆弾テロにほかならない。JIのテロ活動の広域化、大型化を可能にしている背景として、次の二点を指摘しておきたい。第一にテロ活動を持続できるだけの豊富な資金源を有しているということ。第二に多種多様な武器を融通無礙に入手できる武器密輸のルートが東南アジアに存在するということである。こうした資金源と密輸ルートを断ち切らない限り、東南アジアでの大型テロ活動は今後も続く。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
竹田いさみ
竹田いさみ 獨協大学外国語学部教授。1952年生れ。上智大学大学院国際関係論専攻修了。シドニー大学・ロンドン大学留学。Ph.D.(国際政治史)取得。著書に『移民・難民・援助の政治学』(勁草書房、アジア・太平洋賞受賞)、『物語 オーストラリアの歴史』(中公新書)、『国際テロネットワーク』(講談社現代新書)、『世界史をつくった海賊』(ちくま新書)、『世界を動かす海賊』(ちくま新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順