「祭」ルネッサンス 失われた人の和を求めて

執筆者:水木楊 2003年10月号
カテゴリ: 社会
エリア: 日本

 長い不況が続いているにもかかわらず、あるいは続いているからこそ、祭があちこちで盛り上がっている。正確な統計は存在しないが、おもな開催地に問い合わせてみると、ここ十年前後の観客動員数は右肩上がりの増勢を辿っているところが多い。 町おこしをしたいという商店街や自治体の意気込みもあろうが、それだけが原因ではないだろう。祭で高揚した気分が日常の厳しさを忘れさせてくれるのか、失われた人の和を祭が一時的にも蘇生させてくれる思いがするのか。現代人は祭という壮大なエネルギーの無駄遣いに嬉々としていそしむようになっている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top