クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

大停電とソロバンの関係

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2003年10月号
エリア: 北米

 頭上の電気がパッと消える。窓の外を見ると隣家も真っ暗。「あなた、停電よ」。 なぜか停電は人をウキウキさせる。雨戸を繰って朝の庭に初雪を見たような、ときめきを与える。断水では、そうはいかない。一九七七年にニューヨークで大停電があって、数百万人が明りもテレビもない夜を二晩ほど過した。十カ月後、同市の出生数に有意の増加が認められた。アメリカ人も、停電になると何だか急にヤル気が出るらしい。洞窟に住んでいた大昔が甦るのか? 私の世代は、停電ならイヤというほど知っている。心の底で、いつかきっとあの時代に戻るぞと覚悟している。停電でなくても、昔の日本の夜は真の闇だった。 大都市の都心ならともかく、私の育った郊外でも、鼻をつままれても分らぬ暗さだった。人にぶつからずに歩けたのは、昔の日本人が下駄をはいていたからである。表を行く下駄の音で、戦前の日本の夜は今日よりずっと喧しかった。のみならず通行人が男か女か、音で分った。外出していた家人が帰ってくると、近付く歩き癖で帰ってくるなと分った。停電になると、音はいっそう冴えて聞えた。 米国北東部からカナダにかけ、五千万人を巻き込む大停電があった。ニューヨークをはじめクリーブランド、デトロイト、トロントまで真っ暗になった。東部は午後四時過ぎで、地下鉄が動かず交通信号も消えたため、ブルックリン橋を歩いて帰宅する人の群れが日本の新聞にも出た。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順