東欧に追い上げられる「北」の武器輸出

2003年11月号
カテゴリ: 国際

 中東やアフリカ諸国へのミサイルなど武器輸出を数少ない外貨獲得源のひとつとしてきた北朝鮮が、防空システム市場で東欧諸国に追い上げられている。 九一年の湾岸戦争や今春のイラク戦争にみられたように圧倒的な空軍力を誇る米軍などに対抗するため、防空能力を高めることは各国にとって喫緊の課題。しかし、日本のようにパトリオットミサイルのような最先端の防空システムを導入できるわけではない。 そのため旧世代の対空システムを改良した兵器への関心が高まっている。北朝鮮はこの分野に着目し、SAM(地対空ミサイル)を改良するなどして売り込みを図ってきた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順