近隣アラブ諸国の反米気運に脅える小国カタール

執筆者:浅井信雄 2003年11月号
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: 中東

 イラク戦争で米国が中央軍司令部を置いたため、カタールという国のイメージがふくらんでいるが、その国家的規模を知れば、イメージと実体の大きなギャップに驚かされる。 米中央情報局(CIA)の二〇〇三年七月現在の推定では、総人口は八一万七〇五二人、総面積は約一万一四〇〇平方キロで、秋田県よりやや狭い。アラビア半島の東部からペルシャ湾に親指のように突き出た小国に過ぎない。 民族構成はアラブ系四〇%、パキスタン系とインド系がそれぞれ一八%、イラン系一〇%、その他一四%である。イスラム教徒九五%、公用語はアラビア語であるが、アラブ系住民が人口の半分以下というユニークなアラブ国家だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順