有力香港企業家の後継者たちが「北京詣で」

樋泉克夫
執筆者:樋泉克夫 2003年11月号
エリア: 中国・台湾

 国慶節を前にした九月二十七日午後、胡錦涛国家主席は「香港工商界知名人士訪京団」と会見し、「愛国愛港の伝統を発揮して董建華長官を積極的に支持すること」を強く要求。これに対し団員の一人である李嘉誠は香港と深シンとにまたがる工業特区の建設を提案している。 八〇年代半ば以降、香港の有力企業家の北京詣では慣例化し、これが彼らの中国ビジネスに大きな保証となってきたことはいうまでもない。ただ、今回は団員たちの多くが後継者世代を伴って北京入りした点がこれまでとは違っていた。当日、曾慶紅国家副主席、呉儀国務院副総理、唐家セン国務委員、廖暉港澳弁主任主席など香港政策トップを引き連れて会見に臨んだ胡主席は一人一人と握手し、後継世代の心をシッカリと掴んだとか。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
樋泉克夫 愛知県立大学名誉教授。1947年生れ。香港中文大学新亜研究所、中央大学大学院博士課程を経て、外務省専門調査員として在タイ日本大使館勤務(83―85年、88―92年)。98年から愛知県立大学教授を務め、2011年から2017年4月まで愛知大学教授。『「死体」が語る中国文化』(新潮選書)のほか、華僑・華人論、京劇史に関する著書・論文多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top