マレーシアの黄昏

名越健郎
執筆者:名越健郎 2003年11月号
カテゴリ: 国際

 1981年以来マレーシアで長期政権を続けたマハティール首相(77)が遂に10月で引退する。同首相が四半世紀近い治世で最大の成果として挙げたのが、「民族の調和を成し遂げたこと」だった。 マレーシアはマレー系(65%)、中国系(26%)、インド系(8%)などが混在する複合民族国家。マレー人優遇のブミプトラ(土地の子)政策は論議を呼んだが、マレーシアを「イスラム圏最大の先進国」としたのは同首相の功績だろう。 しかし、中国系住民が経済の主導権を握る構図は変わらない。隣国シンガポールは、後継者のアブドラ次期首相の指導力を疑問視し、「民族間のバランスが崩れ、政情不安に陥る恐れがある」とゴー・チョクトン首相は警戒している。 マレーシアの中国系男性の生活。 1人の妻。2人の子供。3つのベッドルーム。4輪車。5倍の給与。 マレー系男性の生活。 5人の子供。4人の妻。3人の妾。2輪車。1ルームの家。 有人宇宙飛行を計画したマハティール首相が、インド系、マレー系、中国系の3人の宇宙飛行士候補を招き、飛行条件を尋ねた。 インド系飛行士が言った。「100万ドルいただきます」「なぜそんなに必要なのか」「インドに親族がいます」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順