ハイブリッドで「次世代」を攻めるという選択

執筆者:白水徳彦 2003年12月号
エリア: 北米

トヨタのシステムが世界ナンバー1であることを疑う人はいない。だが、優れたものが常に生き残るとは限らないのが技術の世界だ。業界標準を獲るのは誰か。そしてハイブリッドは本当に有望なのか。[デトロイト発]トヨタから初代「プリウス」が発売された一九九七年当時、エンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッド技術は、手探り状態で開発された業界初の試みだった。 それから六年。ハイブリッドは新しモノ好きのための「走る実験室」から、次第に「普通のクルマに近づいた商品」として、着実にひとつの市場を形成しようとしている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順