インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

サウジ、イラン、イスラエル――モサドが操作する核情報

春名幹男
執筆者:春名幹男 2003年12月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東

 それは、わずか二十六時間の公式訪問だったが、各国情報機関に複雑な波紋を広げた。 サウジアラビアのアブドラ皇太子が十月十八日から十九日にかけて行なったパキスタン訪問のことだ。ムシャラフ大統領が自らイスラマバードの空港に出向いてアブドラ皇太子を出迎え、帰途も見送るという熱烈歓迎ぶり以外、表面的にはニュースがなかった。日本では訪問自体報道されなかった。 最初に火をつけたのは、パキスタンのウェブ新聞サウス・アジア・トリビューンだった。パキスタン情報当局がアブドラ皇太子の宿舎であるパンジャブハウスのロイヤルスイートに盗聴器を仕掛け、それがサウジ秘密警察に探知されていた、というのだ。 サウジ秘密警察当局は、皇太子が部屋に入る前に調べて、盗聴器の存在を探知した。サウジ秘密警察は何事もなかったかのように、すべての盗聴器を発見して取り外したという。ただし、この記事の情報源は明らかではない。 このサウジ・パキスタン準首脳会談が注目を集めたのは、全く違う問題だった。 十月二十二日付の米保守系紙ワシントン・タイムズが、サウジが低価格の石油を供給するのと引き替えに、パキスタンはサウジに核兵器技術を提供することで合意した、と報じたのだ。書いたのは同紙とUPI通信の特別編集委員を務めるベテラン特ダネ記者アーノー・ドボーグラーブ氏。報道内容が否定されることを予想して、「合意は両国によって厳しく否定されるだろう」とのパキスタン筋の言葉をわざわざ伝え、予防線を張った。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順