グッチの社長とデザイナーが去って頭の痛いピノー氏

2003年12月号
エリア: ヨーロッパ

 そのピノー氏、実はもう一つ、さらに頭の痛い問題を抱えている。十一月四日、PPR傘下のブランド企業「グッチ」から、同社を躍進させた立役者のドメニコ・デ・ソーレ社長(五九)と主任デザイナーのトム・フォード氏(四二)が来年四月に去ることが発表されたからだ。両氏はPPRと一年近くにわたって契約交渉を続けてきたが、経営を完全に掌握したいPPRと、独立性を保ちたい両氏との考えの差は最後まで埋まらなかった。ベルナール・アルノー会長率いるブランド複合企業、LVMHモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンに対抗して、一大流通・ブランド企業を築こうとしたピノー氏にとっては大きな痛手だ。 グッチはデ・ソーレ、フォードの二人三脚体制で、営業利益率二五%という驚異的な効率経営を続けてきた。スタッフの大半も両氏を慕って入社しており、「人的財産がすべてのブランド企業にとって二人の流出は致命傷」と見るファッション関係者は多い。グッチの主任デザイナーの後任には、同じグッチ・グループ内で働くアレキサンダー・マックイーン(元ジバンシイのデザイナー)らの名前が挙がっているが、「売れる物を作れるのもデザイナーの才能の一つ」と公言していたフォード氏の領域に近づけるかは未知数だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順