選挙の正しい読み方[参議院選挙]「単独過半数」かそれとも……

田勢康弘
執筆者:田勢康弘 2004年1月号
カテゴリ: 政治
エリア: 日本

 参議院選挙は六月二十四日公示、七月十一日投票の日程で実施される。三年に一度、半数を入れ替えるため行なわれる参院選、今回の改選数は一二一(定数五削減)。 最大の見どころは自民党が念願の「単独過半数」を獲得できるかどうかである。参院自民党の実力者、青木幹雄幹事長が総裁選で小泉再選を支持したのは、「選挙の顔」として小泉人気に期待したからだ。 参議院の定数は今回から二四二議席。過半数は一二二議席となる。自民党の非改選数は六五。これは小泉人気で二〇〇一年の選挙に自民党が大勝したためで、その前、一九九八年の橋本内閣当時の選挙では四四議席(改選議席数が五議席多い)しか取れずに橋本首相は退陣に追い込まれた。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
田勢康弘 ジャーナリスト。1944年中国黒龍江省生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、日本経済新聞社に入社。政治部記者、ワシントン支局長、論説副主幹、コラムニストなどを歴任し、2006年に退社。1996年から1年間、米ハーバード大学国際問題研究所フェロー。また1996年には日本記者クラブ賞を受賞。著書に『指導者論』(新潮社)、『国家と政治』(NHK出版新書)、『総理の演説』(バジリコ)など多数。また、『田勢康弘の週刊ニュース新書』(テレビ東京系)の番組ホストも務めた。
クローズアップ
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top