「我は何者か」アイデンティティを問い続けるエジプト人

執筆者:浅井信雄 2004年1月号
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: アフリカ

 アラビア語でエジプトの国名は「ミスル」である。これは七世紀にアラブ国家としての誕生直後にイスラム軍が征服地に設けた「軍都」に由来する。それは現在のカイロ旧市街にあたり、アフリカ大陸へのイスラム進出の前線基地ともなった。エジプトがユーラシア世界とアフリカ世界の結節点となり、エジプト人がアフリカ的要素を取り込む契機でもある。 米中央情報局(CIA)の二〇〇三年の推定では、総人口は七四七一万八七九七人である。民族的には東方ハム語族系が九九%で圧倒的多数、それにはエジプト古来の住民、アフリカ北部に多いベルベルや、アラブ系遊牧民ベドウィンを含む。他にギリシャ、ヌビア、アルメニアや欧州系もいるとされる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top