騒音のないところに行きたい

成毛眞
執筆者:成毛眞 2004年1月号
カテゴリ: 文化・歴史 金融

 数年前、山中湖の別荘地に山荘を作った。冬にはスキー、夏にはスノーボードの水上版であるウェークボードをするので、富士五湖には愛着があったからだ。山林の別荘地といっても借地。もともと将軍家のお狩り場だったらしく、現在の地主は国である。 地元企業の富士急が管理しているためか、全体の手入れは行き届いている。日本最古のパブリックコースである富士ゴルフコースにも近い。その昔は石原軍団も各自別荘を構えていた。 しかし、世情が物騒になるにつれて、最近は山荘への足が遠のいた。なにも強盗や空き巣が増えたというのではない。お隣の警備が極めて厳しくなったからだ。ここはある大手印刷会社の保養寮なのだが、警備会社の代わりに番犬を利用するという古風な管理。以前は二頭ほどが敷地の角に繋ぎっぱなしにされ、不審者に吠え掛かっていただけなのだが、最近ではさらに二頭が加わり、あらゆる動くものに四頭立てで吠え掛かる。おそらくウィークデーは別荘地利用者も少ないから問題はないのだろうが、土日ともなると夜明けから深夜まで怒号は絶え間ない。 呆れて思わず観察していると、件の印刷会社社員が利用している風もない。それも当然で、東京ですらこれほどうるさい場所などそうあるわけもないのだ。犬は泥まみれで、保養寮から出る残飯だけで生きているらしい。なるほどコスト削減の一環なのだろう。しかし、近隣からは「犬屋敷の印刷会社」として悪評紛々である。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
成毛眞
成毛眞 中央大学卒業後、自動車部品メーカー、株式会社アスキーなどを経て、1986年マイクロソフト株式会社に入社。1991(平成3)年、同社代表取締役社長に就任。2000年に退社後、投資コンサルティング会社「インスパイア」を設立。さまざまなベンチャー企業の取締役・顧問、早稲田大学客員教授ほか、「おすすめ本」を紹介する「HONZ」代表を務める。著書に『本は10冊同時に読め!』『日本人の9割に英語はいらない』『就活に「日経」はいらない』『大人げない大人になれ!』『ビル・ゲイツとやり合うために仕方なく英語を練習しました。 成毛式「割り切り&手抜き」勉強法』など(写真©岡倉禎志)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順