オリガルヒに冬の時代

名越健郎
執筆者:名越健郎 2004年1月号
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア

 米国式の経営手法を導入し、個人資産推定80億ドルとロシアで1番の大富豪になったミハイル・ホドルコフスキー・ユコス社長(40)が10月末、脱税などの容疑で逮捕された。 専用機がノボシビルスクに着陸した際、重武装した連邦保安局(FSB)の一団が銃を突きつけて連行。数日後、FSBは12歳になるホドルコフスキー氏の娘の学校に乗り込み、娘に同級生の名簿などを提出させたという。 FSBは泣く子も黙る旧ソ連国家保安委員会(KGB)の後継機関。1930年代のスターリン粛清を彷彿とさせる逮捕劇は、ロシアがいつか来た道をたどっている印象を与えた。 現在のクレムリンは、プーチン大統領はじめ、KGBの中堅将校出身者が固める「KGB政権」(コメルサント紙)。その矛先はオリガルヒと呼ばれる新興資本家に向けられており、エリツィン時代にわが世の春を謳歌したオリガルヒは、厳しい冬の時代に入った。 1996年、クレムリン。 大統領の秘書官がエリツィン大統領に報告した。「ベレゾフスキー、グシンスキー、チュバイス様がお見えです」「執務室に入ってもらえ」 2003年、クレムリン。 大統領の秘書官がプーチン大統領に報告した。「ホドルコフスキー、アブラモビッチ、チュバイス様がお見えです」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順