同盟などとは呼べない日米関係の真の姿を見よ

会田弘継
執筆者:会田弘継 2004年2月号
カテゴリ: 外交・安全保障
エリア: 日本

日本の政府当局者の多くは、「日米関係は史上最高の状態」という。しかし、日本自身が世界の将来図を提示せず、米国に従うだけの関係を「同盟」と呼べるのか。同盟のあるべき姿を、歴史の教訓から見直してみると……。[ワシントン発]日米関係を考える時に常に思い出すことがある。 一九九一年、湾岸戦争が終わった約一カ月後、当時米下院議長であったトマス・フォーリー氏を訪ね、日米関係の展望を語ってもらった。マイク・マンスフィールド元上院議員が駐日大使を最後に引退した後、フォーリー氏は米政界きっての親日家であり、日本にとってはありがたいほどの「大物」であった。マンスフィールド氏同様、駐日大使を花道に先ごろ引退したのは、知っての通りである。 当時の「日本叩き」がどれほどひどかったかは、二〇〇一年の九・一一テロ以降、日本政府の対応を語る時に「湾岸戦争トラウマ」という言葉がしばしば使われたことで察せられる通りだ。日本が巨額の対米貿易黒字を積み重ねる一方で、米国の景気は不調、ニューヨークのロックフェラーセンターやハリウッドの名門映画スタジオを日本の大企業が次々と買収し、「冷戦は終わった。勝ったのは日本だ」というような台詞が聞かれる背景の中での、対イラク開戦であった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
会田弘継
会田弘継 青山学院大学地球社会共生学部教授、共同通信客員論説委員。1951年生れ。東京外国語大学英米科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを歴任。2015年4月より現職。著書に本誌連載をまとめた『追跡・アメリカの思想家たち』(新潮選書)、『戦争を始めるのは誰か』(講談社現代新書)、訳書にフランシス・フクヤマ『アメリカの終わり』(講談社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順