印パ融和ムードに水を差す「新型ミサイル試射」情報

2004年2月号
カテゴリ: 国際

 年明け早々、バジパイ、ジャマリ両首相が会談するなど、インドとパキスタンには関係改善の動きが目立っているが、一方で、インドが近々、新型弾道ミサイル、アグニ3の発射実験を行なう可能性が出てきた。 アグニ3は現在配備されている射程八百キロのアグニ1、同二千キロのアグニ2に続くミサイル。到達距離は四千キロにまで延び、最大の“仮想敵国”であるパキスタンはもとより、中国までも射程内に収める。 もちろん、核弾頭の搭載が可能で、ニューデリーの外交筋によれば、インド軍はこのアグニ3を対中・対パキスタン戦略の切り札としたい考えだという。 アグニ3の最大の利点は、発射がミサイルサイロ固定式ではなく、移動式であること。そのため、敵の攻撃を避けることが比較的容易であるとされ、インド軍は車両か鉄道によって移動させる方法を検討している。 一方、パキスタンや中国はアグニ3について、開発情報が流れた時点から強い警戒感を抱いていたが、発射実験間近との噂に衝撃を受けているようだ。 とりわけパキスタンはアグニ3が実戦配備されれば、「インドの核を叩く」ことが不可能になると懸念しており、イスラマバードの消息筋によれば、同国軍部は近く対印戦略を全面的に見直す予定だという。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順