「なまけること」の大切さ

成毛眞
執筆者:成毛眞 2004年2月号
カテゴリ: 文化・歴史 金融

 東京新聞の「わが街わが友」という東京を題材とした名物連載で、生粋の江戸っ子であるNECの高山由顧問を紹介したことがある。パソコンの黎明期に市場を席捲したPC98シリーズの生みの親と呼ばれ、向かうところ敵なしの状況を作り出した人である。 記事ではパソコンのことではなく、「ひ」と「し」の発音の区別がつかなくともNECの専務として活躍できたが、下町のお好み焼き屋で飲んでいると、つい江戸っ子の小学生に戻ってしまうという話をした。 しばらくして、高山さんからお手紙を頂戴した。 数十年ものあいだ仕事一筋に突っ走ってきたが、やっと一段落つき、今では奥様同伴で月に二千キロ以上もドライブ旅行を楽しんでいるとのこと。黒塗りハイヤーでは味わえない自由を満喫している様子にご同慶の至り。 いただいた手紙の最後のページで、筆者名のルビを見て初めて気が付いたことがあると嬉々として伝えてくれた。いわく「なるけまこと」の文字を入れ替えると「なまけること」になる。そこで怠けることの大切さを知ったとのことである。笑っていいのか怒っていいのか判らない。 お返しである。「たかやまよし」を入れ替えると「蒲田香具師よ」になるのだ。NECの本社は田町なのだが、場所の誤差は無視して、高山さんはPC98を香具師風に売っていたことを思い出した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
成毛眞
成毛眞 中央大学卒業後、自動車部品メーカー、株式会社アスキーなどを経て、1986年マイクロソフト株式会社に入社。1991(平成3)年、同社代表取締役社長に就任。2000年に退社後、投資コンサルティング会社「インスパイア」を設立。さまざまなベンチャー企業の取締役・顧問、早稲田大学客員教授ほか、「おすすめ本」を紹介する「HONZ」代表を務める。著書に『本は10冊同時に読め!』『日本人の9割に英語はいらない』『就活に「日経」はいらない』『大人げない大人になれ!』『ビル・ゲイツとやり合うために仕方なく英語を練習しました。 成毛式「割り切り&手抜き」勉強法』など(写真©岡倉禎志)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順