中・韓・日が延命させる金正日政権

執筆者:黒田勝弘 2004年2月号

「五年崩壊説」もソウルで流れる北の独裁政権だが、国際社会がいまの「甘やかし」を続ければ、問題はいつまでも解決しない。[ソウル発]「金正日政権はあと五年でつぶれる」という話がソウルにある。理由は同じ(?)ような日本を舞台にした朝鮮半島の南北による政治的な「拉致事件」の類推からきている。というのも金大中拉致事件(一九七三年)を引き起こした韓国の朴正熙政権(一九六一―七九年)は、金大中拉致事件に対する国際社会の執拗な非難と圧力を受け、事件から六年後に崩壊しているからだ。 金正日政権崩壊はなぜ六年後ではなく五年後かというと、日本人拉致事件を認めた二〇〇二年からすでに一年経っているからだ。日本を舞台にした拉致事件は、朝鮮半島の政権にとっては鬼門(?)というわけだ。 さらにいえば、当時の韓国の朴正熙政権は強権的な長期政権ではあったが、「漢江の奇跡」といわれたように経済発展には成功し、国民の暮らしを豊かにした。それに比べると北朝鮮の金正日政権は、経済はますます疲弊し人民は飢えている。だから「こちらは五年といわずもっと早いかもしれない」というオチがつくのである。 ただ、この話には若干の留保もつく。双方同じような「拉致事件」ながら、事件をきっかけにした政権に対する内外の圧力に違いがあるからだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
黒田勝弘 産経新聞ソウル駐在客員論説委員。1941年生れ。共同通信ソウル支局長、産経新聞ソウル支局長兼論説委員を経て現職。2005年度には日本記者クラブ賞、菊池寛賞を受賞。在韓30年。日本を代表するコリア・ウォッチャーで、韓国マスコミにも登場し意見を述べている。『“日本離れ”できない韓国』(文春新書)、『ソウル発 これが韓国主義』(阪急コミュニケーションズ)など著書多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順