南部、もうひとつのアメリカ

執筆者:渡部恒雄 2004年2月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 昨年の暮れは家族そろって流感に罹り、正月料理の準備どころではなかった。見かねた隣人の主婦メアリーが、アメリカ南部の正月の「縁起もの」を我が家のために持ってきてくれた。ホッピン・ジョンという「ささげ豆」の煮込み料理で、白いご飯の上にかけて、お好みでタバスコ等で辛くして食べる。脂っこくない素朴な味とスパイシーな味付けは食欲を刺激し、病気で弱った我々日本人の胃にも優しかった。 アメリカでは、感謝祭やクリスマスには家族が揃い七面鳥の丸焼きなどの豪華なディナーを食べるが、正月はほとんど何の風習もない。しかし、このホッピン・ジョンは、正月に家族揃って食べるとその家に福を呼び込むという言い伝えがあり、アメリカ南部の正月料理として生き残っている。 ホッピン・ジョンという名前の由来には二つの説があるようだ。一つはジョンという客を食事に招いたホストが、「ホップ・イン、ジョン」(ジョン、さあ早く中に入って)といったことから来ているというもの。もう一つは、子供達が食事の前にテーブルの前で一度軽く跳ねる、という古い風習から来ているというものである。 アメリカの食文化はあまり魅力的とは言い難いが、フランス文化の影響が残っている南部は趣が異なる。かつてジョージア州サバナで飛び込みで入った南部家庭料理の店では、「本当にここがアメリカか?」(失礼)と思うほど美味しいものが次から次へと出てきた。食事だけでなく、南部にはサザン・ホスピタリティー(南部風のもてなし)という言葉があるほど人々は親切であり、マンハッタンでのぶっきらぼうな対応を知っている人間には、「これが同じ国か」と思うほどの差がある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
渡部恒雄 わたなべ・つねお 東京財団上席研究員。1963年生れ。東北大学歯学部卒業後、歯科医師を経て米ニュースクール・フォー・ソーシャルリサーチで政治学修士号を取得。1996年より米戦略国際問題研究所(CSIS)客員研究員、2003年3月より同上級研究員として、日本の政党政治、外交政策、日米関係などの研究に携わる。05年に帰国し、三井物産戦略研究所を経て現職。著書に『「今のアメリカ」がわかる本』など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順