大統領候補の候補たち

名越健郎
執筆者:名越健郎 2004年2月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 長くて過酷なサバイバル・レースである2004年米大統領選が、1月のアイオワ州党員集会を皮切りに始まる。現職のブッシュ大統領に対抗する民主党は、9人が出馬しているが、ディーン前バーモント州知事が一歩抜け出し、候補者争いの本命となりつつある。 医者出身のディーン氏は、イラク戦争に強硬に反対、国防予算削減や保護貿易主義を唱え、最近の民主党では珍しいリベラル。4年前にブッシュ大統領と死闘を演じたゴア前副大統領の推薦を受けたことで、お墨付きを得た。 ただし、保守系紙ワシントン・タイムズが、「通常、政治家は成熟すると左から右に変わるが、ゴア氏はその逆だ」と書いたように、中道のゴア氏がリベラルのディーン氏を支持したことは驚きだった。 ゴア氏が「草の根レベルで情熱をかき立てられる唯一の候補だ」としてディーン氏を推薦した。 すると、連邦最高裁はこれを審議し、憲法違反として5対4で推薦を却下。ブッシュ大統領への推薦に変更するよう裁定した。 4年前、ゴア氏とともに副大統領候補として出馬したリーバーマン上院議員が、ゴア氏のディーン氏支持についてコメントした。「支持を集めても、大統領選挙には勝てない。票を集めても、大統領選挙には勝てなかったのだから」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順