英国を揺るがすダイアナ妃の死の真相究明

執筆者:マイケル・ビンヨン 2004年3月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

六年半の歳月を経てなお飛び交う過激な噂話に、ついに英国政府が動き始めた――[ロンドン発]フランスの地下道で起きた自動車事故で、世界中に知られたあの女性が不慮の死をとげてから六年半。イギリスはついにプリンセス・オブ・ウェールズ、ダイアナ元英皇太子妃の死の真相究明に乗り出すこととなった。 様々な、しかも次第に酷くなるばかりの憶測が続出したのを受けて、政府が死因審問の開始を決めたのだ。この決定で、イギリスの人々が事故によって受けた心の傷はふたたび疼き始めている。英国王室が再び望まざるスポットライトを浴びることも必至で、ダイアナ妃の夫であったチャールズ皇太子と息子二人はショックを隠せない。それにしても、なぜ今ごろ真相究明なのか? そして、調査によって何が明らかにされるのだろうか――。 ところが、調査開始が発表されてまもなく、調査結果を待ち望む人々は「お預け」をくらうことになった。調査の責任者であるマイケル・バルジェス王室検視官は、調査の第一段階として、ロンドン警視庁(スコットランドヤード)に捜査を依頼。警察の捜査に一年が費やされることになったからだ。 バルジェスは巷に流れる「ダイアナ謀殺説」には懐疑的であることを明言している。しかし、スコットランドヤードの捜査が一年がかりということは、それだけで、やはりダイアナ妃の死には隠された秘密があるのではないかとの疑惑を招いた。ダイアナは暗殺されたと考える人々の声も勢いを増している。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順