行き先のない旅
行き先のない旅(11)

偏見と静かに戦った画家

大野ゆり子
執筆者:大野ゆり子 2004年3月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 アメリカ合衆国の「深い南(Deep South)」とは、かつて日本人留学生服部剛丈君の射殺事件が起きたルイジアナ州、アラバマ州などの南部五州を指す言葉である。私が一年間学生生活を過ごしたフロリダ州のp市も、半島の付け根にあるために、この深い南に数えられる地域だった。湿地が多く、マングローブという海岸や河口に密生する熱帯独特の木が生い茂るこの地域は、地理的な意味だけで「深い南」と呼ばれているのではない。心の奥底に北に対する反感が渦巻いていて、私がいた二十年前には、「南北戦争でどうやったら勝てたか」という議論が大真面目に交わされていたものだ。クー・クラックス・クラン(KKK)と呼ばれる黒人に敵意を抱く組織がいまだに集会を開いているという噂が時折ながれ、露骨ないじめはなかったはずなのに、同級生の黒人学生が、一人、二人と転校していった。p市の名前が全国紙を賑わせることはほとんどなかったが、唯一の例外が数回にわたって繰り返された中絶手術を行なう病院の爆破事件であった。 底が見えないほど水中でからみついて生い茂るマングローブの根のように、この地域の偏見、差別、保守的なものの考え方は、湿地の奥深くに根をおろしてしまっている、これを北の人間は「深い南」と呼んでいるのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
大野ゆり子
大野ゆり子 エッセイスト。上智大学卒業。独カールスルーエ大学で修士号取得(美術史、ドイツ現代史)。読売新聞記者、新潮社編集者として「フォーサイト」創刊に立ち会ったのち、指揮者大野和士氏と結婚。クロアチア、イタリア、ドイツ、ベルギー、フランスの各国で生活し、現在、ブリュッセルとバルセロナに拠点を置く。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順