饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(74)

“聖域”を開放するほどの歓待

西川恵
執筆者:西川恵 2004年3月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 下にも置かない歓待とはこのことだろう。一月二十六日から三日間、中国の胡錦涛国家主席を国賓で迎えたフランスのことである。 昨年六月のエビアン・サミット(主要国首脳会議)でフランスを訪れている胡主席が、アフリカ歴訪の途中とはいえわずか七カ月後に再訪した背景にはフランスの強い要請があった。ドゴール元大統領が他の先進国に先駆けて中国と国交を結んで今年で四十年。中国の旧正月期間中の国交樹立の一月二十七日に胡主席を迎え、両国関係を強化したい狙いがフランスにあった。イラク戦争後の外交守勢を挽回し、構想する多極化に布石を打つ絶好の機会でもあった。 両国の外交関係は緊密だ。昨年四月の中国の新型肺炎SARS騒ぎの中、躊躇する他国首脳を尻目にラファラン仏首相が訪中。八九年の天安門事件以来、対中武器禁輸措置をとる欧州連合(EU)に解禁を訴えているのもフランスだ。 胡主席を迎える環境作りも周到だった。直前の二十四日の土曜日、七月十四日のパリ祭並みにシャンゼリゼ大通から車を締め出し、中国の旧正月を祝うパレードに開放。中国系フランス人や中国から派遣された歌舞団が華麗な踊りや龍の舞を見せ、大通は見物人で埋まった。胡主席の滞在中、エッフェル塔は中国国旗と同じ赤い色にライトアップされた。これまで限られた首脳しか行なっていない国民議会での演説の場も用意された。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順