フセインの穴倉

名越健郎
執筆者:名越健郎 2004年3月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東

「お前は誰だ」「わたしはイラク共和国大統領だ。あなた達と交渉する用意がある」「ブッシュ大統領からよろしくとのことだった」 昨年12月13日、サダム・フセイン元イラク大統領がティクリート近郊の穴倉で拘束された際、米軍兵士と元大統領の間でこんなやりとりがあったとする米軍の発表は、あまりにできすぎているが、フセイン氏拘束で「悪の枢軸」や「テロ支援国」が追い詰められたことは確かだ。 イランは国際原子力機関(IAEA)の特別査察を受け入れ、リビアは大量破壊兵器の放棄を決め、北朝鮮も歩み寄り6カ国協議が2月25日に開催されることになった。ブッシュ政権の力の外交・軍事政策がポイントを稼いだ格好だ。 問「フセイン元大統領拘束を望まなかった外国人は誰か」 答「北朝鮮の金正日総書記とリビアのカダフィ大佐だ」 問「フセイン元大統領拘束を望まなかった米国人は誰か」 答「民主党の大統領候補たちだ」 ホワイトハウスはブッシュ大統領がフセイン元大統領拘束のニュースを伝えられた時、キャンプデービッドの大統領山荘で本を読んでいたと発表した。 これを聞いた米国人がコメントした。「フセイン拘束より、大統領が読書をしていたことが驚きだ」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順