インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

「国連盗聴疑惑」暴露で実は助かったブレア首相

春名幹男
執筆者:春名幹男 2004年4月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 絶妙のタイミングだった。“反戦のヒロイン”となった英政府通信本部(GCHQ)の元翻訳官キャサリン・ガンさん(二九)に対する英政府機密法違反事件の起訴取り下げが発表された二月二十五日の翌朝に、より大きな盗聴疑惑が表面化したのだ。 次の主役はクレア・ショート元英国際開発相。BBCラジオのインタビューで、昨年のイラク開戦前に、英情報機関がアナン国連事務総長を盗聴していたと暴露したのである。 表面的には、イラク大量破壊兵器の情報操作疑惑の後遺症になお悩むブレア英政権を一層窮地に陥れた発言と見えた。英労働党左派のショート女史はそれほど首相を追い詰めたいのか、とも思えた。 ガンさんの事件は結局、ブレア政権の黒星に終わった。それに輪をかけるように、ショート発言は瞬く間に世界に波紋を広げた。 国連スポークスマンは、国連の設置に関する諸条約に違反していると発言。さらに、われもわれもと盗聴被害を訴える人が相次いだ。ブリクス前国連監視検証査察委員会(UNMOVIC)委員長やバトラー元国連大量破壊兵器廃棄特別委員会(UNSCOM)委員長、ガリ前国連事務総長らが、被害者として名乗りを上げたのである。 この欄でも何度か、第二次世界大戦中の米英通信傍受協力取り決め「UK・USA」を中心に、戦後オーストラリア、ニュージーランド、カナダが加わって通信傍受体制を運営してきたことに触れた。米国家安全保障局(NSA)と英GCHQを中核とする「エシュロン」のネットワークだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順