ビン・ラディンが画策? テロ「欧州軍」

2004年4月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 スペインの列車爆破テロをめぐってはアル・カエダ関与説も出ているが、オサマ・ビン・ラディンが欧州でテロを仕掛けるため「欧州軍」の創設を進めていたとの説がある。パリの国際治安筋によると、これは今年に入り、英国、フランス、ドイツなどで捕らえられたアル・カエダ要員から得た供述や文書に基づく欧米の情報機関の共通認識だ。 ビン・ラディンは、イラクなど中東の「近い敵」ではなく、欧州の「遠い敵」を重点攻撃目標にするよう、配下のグループやシンパ組織に訴えている。英仏独のほかアルバニアなどバルカン諸国やコソボでアル・カエダ細胞が本格的なテロ集団「欧州軍」の創設に動き始めた兆候があるという。 仏情報筋によれば、この活動の特色は、イスラム教に改宗した白人をアル・カエダ要員に勧誘し、筋金入りのテロリストに仕立てる方法。白人の場合、一般市民の間に紛れ込んだとき目立たないことや、既存のアル・カエダ細胞とつながりがなく、捜査当局の目を逃れるのが容易なためとみられる。すでに百人程度の白人「新兵」が欧州各地で特訓を受けているとの情報もある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順