国連事務総長の祈り

名越健郎
執筆者:名越健郎 2004年4月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

「イラクの年」となった昨年、国連は米英両国のイラク攻撃を阻止できず、権威が大きく揺らいだ。ブッシュ米政権は「国連の無力」を強調し、有志連合による新しい国際秩序を模索。ノーベル平和賞を受賞したアナン事務総長にとっては屈辱の1年だった。米政府にも、アナン氏は仏独露寄りとの不満がある。双方の冷たい関係は2006年の事務総長退任まで続きそうだ。 アナン事務総長が膝を負傷し、病院で医師の診断を仰いだ。「ひざまずいている時間が長いからこうなるのです。一体何をしていたんですか」「11月の米大統領選でブッシュ大統領が落選するよう祈っていたので……」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順