クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

「ベトナムでの勇気」を売る男

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2004年4月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 日米修好通商条約の批准書を携えて渡米した新見豊前守以下の万延元年(一八六〇年)遣米使節団は、頭にチョンマゲを載せ腰に大小をたばさんだサムライ七十七人だった。ワシントン、ニューヨークで歓迎宴に引っ張り出されたのに、イブニングドレスに装った貴婦人方に接待され、少しも喜ばなかった。逆に、諸肌ぬぎで客の前に出るとは何事かと軽蔑した。 当時、日本女性が諸肌を脱ぐのは、男の目に触れぬ場所で、鏡に向かって化粧するときだけだった。イスラムの女は、今日なお見せない。 私が遣米使節団と同じように船で米国留学に旅立ったのは、ちょうど百年後、一九六〇年の夏である。百年は長いようで短い。私の精神構造は、おそらく遣米サムライ使節を隔たること遠くなかろう。四年ごとのアメリカ大統領選を見て、何たるはしたないことかと眉をひそめる。予備選挙の段階から、候補者は壇上、衆人環視のうちに女房を抱いて接吻する。二度三度とする。ええ加減にせえよと私は言いたくなる。 アメリカ人はあれを見て、ああこの人は妻を愛している、家庭を大事にする人だと思って投票するのか。政治家の演技に騙され、ハピネスの幻想に酔うのか。 今年の大統領選では、キスに加えてジョン・ケリーという「戦争英雄」が予想を超える人気を集め、後は民主党の指名待ちという形勢になっている。やれやれ、こいつは家庭と戦争という幻想のスプリットタンで有権者を捕食する気かと、私はシラケて眺めている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順