日本経済が抱える「地政学リスク」の実像

執筆者:小田博利 2004年5月号
エリア: 日本

はたして日本は、マネーの安全地帯と言えるのか。外国人投資家が支える日本株は地政学リスクのただ中にある。そして、頼みの中国経済にも変調の兆しが―― 金融の三月危機に見舞われずにすんだと思ったら、全世界的な地政学危機である。中でもイラク情勢が泥沼化の様相を呈してきた。イスラム教シーア派の指導者、ムクタダ・サドルの率いる私兵「マフディ軍団」が急速に台頭し、米軍も持て余し気味になっている。旧フセイン政権の中核であるバース党関係者やイスラム教スンニ派ばかりでなく、味方にするはずだったシーア派の一部も敵に回しだしたようだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順