プーチンの後釜を狙う後継者たちの顔ぶれ

名越健郎
執筆者:名越健郎 2004年5月号
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア

[モスクワ発]「政権の後継者像を既に描いている。誠実で、国民に奉仕することを望み、能力的にそれが可能な人物だ」。三月十四日のロシア大統領選で七一%の得票で圧勝したプーチン大統領は、当確後の記者会見でこう明言し、二期で退陣する意向を示唆した。 ロシア憲法は大統領の三選を禁止しており、プーチン氏自身も「憲法は社会安定の基礎であり、改正の必要はない。改憲論議はやめるべきだ」(昨年十二月九日)などと再三、任期延長に反対している。「巡り合わせで大統領になったプーチン氏は巨大な重圧で疲れている。二期で余力を残して辞めるのが彼の本心だ」(リリヤ・シェフツォワ米カーネギー財団モスクワ支部主任研究員)といわれる。二〇〇八年の後継者問題が浮上するゆえんだ。 現時点で最有力とみなされているのは政権ナンバー2のセルゲイ・イワノフ国防相(五一)だ。サンクトペテルブルク出身で、レニングラード大学卒、国家保安委員会(KGB)勤務というプーチン大統領と同じ経歴。プーチン氏が連邦保安局(FSB)長官になると、副長官に就任した。側近中の側近で、大統領の重要決定には必ず関与するといわれる。 コメルサント紙は、来年の第二次大戦戦勝六十周年の式典準備責任者に任命されたことなどをとらえ、「後継者に向けた政治的訓練が始まった」と書いた。モスクワの外交団の間でも、「クラウンプリンス」(皇太子)と呼ばれ始めた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順