【インタビュー】塚田淳夫(アレックス・ツカダインターナショナル社長) ヘッドハンターの心得とは

執筆者:フォーサイト編集部 2004年5月号
カテゴリ: 経済・ビジネス

 規制緩和と不況の“相乗効果”で、企業数が激増している業界がある。「人材紹介業」すなわちヘッドハンターだ。「つい二年ほど前、都内で二千社強だと言っていましたが、昨年暮で九千社、いまでは一万社を超えているでしょう」 こう語るのは塚田淳夫氏(七〇)。日本のヘッドハンターの草分け的存在で、外資系企業をおもな対象として二十五年間に七百八十人もの幹部を紹介してきた伝説的人物だ。社長などトップだけでも百八十人に上るという。 現在、急増しているヘッドハンターは、しかし、塚田氏のような腕利きでも目利きでもない。外資系企業も、日曜日の全国紙に求人広告を出すことが多いが、翌日の月曜から数日間、人事部は仕事にならないという。「問い合わせの電話が殺到するからですが、それは求人への応募者からではなく、雨後の筍のように増えた、ヘッドハンティング会社からなのです」 かつて日本コカ・コーラやネッスル日本(現ネスレ)で人事部長を務め、外資系企業に幅広い人脈をもつ塚田氏のもとには、「どうにかならないか」と嘆く声が頻繁に届く。一九九七年に法改正が行なわれ紹介業が自由化されたことと、不況によるリストラが、ヘッドハンターの増加を招いた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順