カムバック・ケリー・インサイド

名越健郎
執筆者:名越健郎 2004年5月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 11月の米大統領選は、「ブッシュ対ケリー」の対決構図が固まった。上院の生活は19年に及び、「過去の政治家」とみなされつつあったジョン・ケリー上院議員(60)にとって、民主党予備選での大躍進は、本人が言うように「カムバック・ケリー」。 ベトナム戦争の歴戦の英雄で、「安全保障でかかってこい」とブッシュ大統領を挑発。イラク問題や失業、財政赤字などで政権を追及し、ブッシュ大統領も「強敵だ」と打ち明けた。「今、大統領選があれば新鮮な印象のケリー氏が有利」(ワシントン大のジェームズ・デービス教授)という一方、世論調査ではブッシュ氏がややリード。ともあれ、本番は半年以上先。まだまだサプライズがありそうだ。 ニューズウィーク誌が「いま選挙が行なわれたら、僅差でケリー候補が勝つ」とする世論調査の結果を公表した。 ブッシュ大統領がコメントした。「ニューズウィークは世界平和と国家安全保障に脅威を与えている」 問「ケリー候補が凋落するとすれば、どのような要因が考えられるか」 答「アル・ゴア(前副大統領)の推薦を受けることだ」 問「ケリー候補のマジックナンバーはいくつか」 答「2162(民主党指名獲得の代議員決定数)」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順