拡大EUと米国の影

渡邊啓貴
執筆者:渡邊啓貴 2004年6月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ 北米

二十五カ国体制となったEUはどのように変わっていくのか。その“ヨーロッパ・アイデンティティー”が揺らぎ始めた―― EU(欧州連合)は五月一日に十カ国の新加盟国を迎え、第五次拡大を達成した。その日、議長国アイルランドの首都ダブリンでは二十五カ国の代表が集まって盛大な式典が開催された。また、ドイツ・ポーランド・チェコの三国が交わるナイセ川上流岸で三国の首相が握手を交わし、橋を渡った光景は象徴的だった。英ガーディアン紙は「新しいヨーロッパにとって拡大は冷戦の決定的終焉を意味する」と論評した。四億六千五百万人に及ぶ人口と、日本の約二倍に相当し、米国に比肩するGDP(域内総生産)八兆二千五百億ドル(二〇〇一年、米国は十兆一千億ドル)の経済力を擁する東西の隔たりを越えた拡大EUは、世界市場において大きな存在となることは間違いない。 今回のEU拡大の最大の特徴は、それが旧社会主義圏の中・東欧に及ぶことである。冷戦終結直後、経済社会格差や慣習の違いのあるこれら諸国への拡大はミッテラン仏大統領の反対によって実現しなかった。その後、九四年後期の議長国で、中・東欧諸国と結びつきの深いドイツが東方拡大を積極化させ、今日の道が切り拓かれた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
渡邊啓貴
渡邊啓貴 東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授。1954年生れ。パリ第一大学大学院博士課程修了、パリ高等研究大学院・リヨン高等師範大学校客員教授、シグール研究センター(ジョージ・ワシントン大学)客員研究員、在仏日本大使館広報文化担当公使(2008-10)を経て現在に至る。著書に『ミッテラン時代のフランス』(芦書房)、『フランス現代史』(中公新書)、『ポスト帝国』(駿河台出版社)、『米欧同盟の協調と対立』『ヨーロッパ国際関係史』(ともに有斐閣)『シャルル・ドゴ-ル』(慶應義塾大学出版会)『フランス文化外交戦略に学ぶ』(大修館書店)『現代フランス 「栄光の時代」の終焉 欧州への活路』(岩波書店)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順