ミセス・プレジデントの悩み

名越健郎
執筆者:名越健郎 2004年6月号
カテゴリ: 国際

 5月10日のフィリピン大統領選、7月5日のインドネシア大統領選は、アロヨ、メガワティという2人の女性大統領の再選が焦点だ。この2人は共通項が多い。ともに1947年生まれで、父親は元大統領。2001年、現職大統領の失脚後、副大統領から昇格した。開発独裁後の民主化途上で難しい政権運営を強いられている点でも似ている。 アロヨ大統領は米ジョージタウン大学でクリントン前大統領と同級生。親米派で、テロとの戦いを通じてブッシュ大統領から同盟国の扱いを受けた。治世は堅実だが、弱みは背の低さと夫のホセ・ミゲル・アロヨ氏のスキャンダルといわれる。“I will run for President.” 大統領選不出馬を表明していたアロヨ大統領が一転して出馬を宣言した。 大統領はその理由として、「ブッシュ大統領から強い要請があった」と強調した。 野党陣営がアロヨ大統領の側近に尋ねた。「一体、どんな要請だったんだ」「ブッシュ大統領がマニラを訪問し、アロヨ大統領と並んで歩いていた時、小さなアロヨ大統領を、ブッシュ大統領はしばしば待たねばならなかった。苛立ったブッシュ大統領が叫んだ」“Why don't you run ?”

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順