クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

「龍川大爆発」を振り返る日

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2004年6月号
カテゴリ: 国際
エリア: 朝鮮半島

 これまでに二度、大爆発から遠くない場所にいたことがある。 一度目は昭和十四年三月一日。年表には「大阪・枚方、陸軍火薬庫爆発」とある。小学三年の私は稽古が済んで、習字の先生のお宅を出たところだった。ドカンドカンと爆音がして、見ると東の空に高々と黒煙が上がっていた。隣の町かと思うほど近かった。爆音はしばらく続いた。 死者九十四人、負傷六百人、焼失家屋五百余戸。すでに日中事変下だったが、大爆発の概要は新聞に出た。詳細は口コミでまもなく伝わってきた。 私の家は大阪・梅田と神戸・三宮のほぼ中間の西宮北口だった。地図で測ると、枚方から直線距離で三十キロ弱である。その時から二十四年後、私は妻子を連れて火薬庫跡に建った団地に移った。小高い丘に囲まれ、天然の火薬庫のような地形だった。にもかかわらず、大爆音は三十キロ先に届いたのである。 二度目は一九七五年四月二十八日早朝。私は南ベトナムの首都サイゴンで、異様な風を顔に受けて目が覚めた。二メートル四方はあろうかというホテルの窓が、鉄枠ごと開いて内側に回転し、就寝中の私の鼻先を通過したのだった。ベッド上に起きていたら、頭をガンとやられただろう。 開け放たれた窓から、ドカドカンと爆音が聞え、三十分ほど続いた。サイゴンから三十キロのビエンホアにある政府軍弾薬庫が、北ベトナム軍に爆破されたのだった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順