「日本の経済援助の効用」を説いた中国

執筆者:藤田洋毅 2004年7月号
カテゴリ: 国際 外交・安全保障

「六カ国協議」の継続に腐心する裏には、先を見据えた狙いがある。「北東アジアの重要問題は当面、中・米が主軸となって取りしきる。そんな方向性が、浮かび上がってきたのではないでしょうか」 複数の中国筋は、北朝鮮の核開発をめぐる六カ国協議で「中国は米国と並ぶ主導権を、ほぼ手中にした」とし、党中央の幹部の一人は「中・米以外の(日・露・韓など)参加四カ国は付録」とまでいう。中国は今後、協議を舞台に「地域の藍図(青写真)を描く考えだ」と、この幹部は明言した。 四月に訪中した北朝鮮の金正日総書記から「拉致被害者の家族を必ず帰国させる」との言質を取り付けていた中国。従来、拉致は日朝の二国間問題としていた立場から踏み出し、「建設的な役割を果たす用意がある」(李肇星外相)と述べ、ジェンキンス・曽我さん夫妻の再会場所の提供まで申し出るなど、着々と六カ国協議前進への環境を整えつつある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順