北方領土で人口急増「二島返還」さえ困難に?

2004年7月号
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: ロシア 日本

 近年、北方領土でロシア人の人口が増加しており、国後、色丹両島で計一万人に近づいていることが、ロシア側の最新国勢調査で分かった。日本側は先のシーアイランド・サミットで合意した来年早々のプーチン大統領訪日で平和条約交渉を動かしたい意向だが、島民の定住増は領土問題解決にマイナス効果となる。 国後、色丹両島は一九九四年の北海道東方沖地震後、島民脱出が続き、人口は合わせて六千七百人まで減少したが、昨年の調査では計九千七百人まで回復した。いったん脱出した島民が戻っていることに加え、出生率も上昇しているという。管轄するサハリン州政府は定住促進のため、島のインフラ整備を進める計画だ。大型漁業コンビナートのある択捉島も生活水準が向上し、定住者が増えているといわれる。ロシア極東では年間十万人ずつ人口が減っているのに、北方領土だけが例外なのだ。 辺境警備に当たる兵士も新たに歯舞諸島に入植することを決め、五月に志発島など三島の入植予定地に十字架を建設した。歯舞にはソ連時代から国境警備隊しか駐屯していなかったが、今後定住が始まる見通し。歯舞、色丹の二島返還さえ困難になる可能性がある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順