“ベンチャー”のつもりなのに

成毛眞
執筆者:成毛眞 2004年7月号
カテゴリ: 経済・ビジネス 金融

 会社を立ち上げて四年。不思議なことに、いまだかつて「ベンチャー」と呼ばれたことがない。会社も黒字化し、海外事業もこなし、大手企業とも提携したりしているのだが、ベンチャーキャピタルの姿さえ見たことがない。いまだに泡沫企業だと思われているのだろうか。いささか不安になる。本人はベンチャーのつもりなのだ。 ところで、ベンチャーとは創業者が存命で、新しい産業を創出したか、または既存秩序を破壊した企業というのが僕の定義だ。単に社歴の浅い企業をベンチャーと呼びたくはない。それでは開業したばかりのラーメン屋やペットショップまでベンチャーになってしまう。 ソニーやホンダも、もとはといえばベンチャーそのもの。それぞれに精密家電産業と個人向け乗用車産業を作りだした。大企業になったとはいえ、ダイエーやヤマト運輸はそれぞれの業界秩序を破壊した立派なベンチャーだ。戦後日本は世界でも稀なほど、ベンチャー企業が輩出したのだ。 一方、昨今もてはやされているベンチャーのなかにはその定義からはずれている企業が多い。何ら新しい産業を創出したり、業界秩序を破壊したりしていない企業群である。レストランのチェーン店や多くのソフトウェア会社などが該当する。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
成毛眞
成毛眞 中央大学卒業後、自動車部品メーカー、株式会社アスキーなどを経て、1986年マイクロソフト株式会社に入社。1991(平成3)年、同社代表取締役社長に就任。2000年に退社後、投資コンサルティング会社「インスパイア」を設立。さまざまなベンチャー企業の取締役・顧問、早稲田大学客員教授ほか、「おすすめ本」を紹介する「HONZ」代表を務める。著書に『本は10冊同時に読め!』『日本人の9割に英語はいらない』『就活に「日経」はいらない』『大人げない大人になれ!』『ビル・ゲイツとやり合うために仕方なく英語を練習しました。 成毛式「割り切り&手抜き」勉強法』など(写真©岡倉禎志)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順