韓国映画『シルミド』の空前のヒットが語るもの

執筆者:城内康伸 2004年7月号
カテゴリ: 国際
エリア: 朝鮮半島

三十年以上、「韓国史上最大のタブー」といわれてきた事件の封印が解かれた。選挙にまで影響を及ぼした映画の衝撃度。 韓国で千二百万人が見たという映画『シルミド』が六月五日、日本でも封切られた。映画は、韓国で三十年余りにわたってタブー視されてきたある事件を題材にしている。私は五月初旬、同じ事件をテーマとするノンフィクション『シルミド――「実尾島事件」の真実』を上梓したが、取材を始めた一年半前には、映画が空前のヒットを記録するなどとは予想だにしなかった。事件の封印を解いた映画は、韓国社会に今も大きな波紋を呼んでいる。 映画の下敷きになったのは、一九七一年夏に起きた韓国の特殊部隊による反乱事件である。 一九六八年、時の朴正熙政権は韓国中央情報部(KCIA)主導の下に北朝鮮潜入を目的とした極秘の特攻部隊を創設した。しかし、計画は実行に移されることなく、過酷な訓練に耐えかねた隊員は教官たちを殺害し、ソウル中心部へと攻め上がった。シルミドとは、部隊の訓練施設があった孤島、実尾島の韓国語読みである。映画では、反乱の原因は南北情勢の変化によって北朝鮮潜入計画が白紙となり、部隊の抹殺指令が出たためとされている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順