【インタビュー】玉村美保子(世界食糧計画(WFP)日本事務所代表) 「なぜ食糧援助をするのか?」

執筆者:フォーサイト編集部 2004年7月号
カテゴリ: 環境・エネルギー

 国連組織の中で、HIV・エイズ対策に最も多額の予算を割いているのが世界食糧計画(WFP)だと聞くと、意外に思う人も多いかもしれない。WFPは昨年、総予算約三十三億ドルのうち、二億ドルがエイズ関係だったという。 なぜ、飢餓との闘いを目的に作られたWFPが、エイズとの闘いの最前線に立っているのか?「特にアフリカでは、食糧難とエイズの問題は密接につながっています」と語るWFP日本事務所代表の玉村美保子さんは、さきごろアフリカのジンバブエとモザンビークを視察してきた。「アフリカ南部では、労働人口の約八割が農業セクターで働いていますが、モザンビークでは大人の一五%、ジンバブエでは総人口の少なくとも三分の一がHIVウイルスに感染しているといわれます。感染者が働けなくなると、農業生産が減って食糧難になる。エイズで親を失う子も多数いますから、彼らにも食糧援助が必要です。また、エイズ患者を抱える親類縁者の負担を減らし、家族単位で支え合う仕組みを維持するためにも食糧援助は有効です。さらに、免疫力を高めてエイズの発症を抑えるためにも栄養が必要です」 玉村さんは、「今の時代、突然の飢餓は起きない」と言う。衛星写真などの情報を分析すれば、いつどこで食糧不足が起きるか一年前には予測がつくからだ。世界のどこで作柄が悪くなるか予測しつつ、飢餓が起こらないように国際社会に支援を呼びかけて事前に介入するのが最近の援助のあり方なのだという。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順